アート展、過去最高の盛況

シェアする

 向陽台リベラス21で住民作品

リベラス21(向陽台3丁目)の12棟集会室で11月1〜3日、住民の作品を一堂に集めた「アート展示会」が開催された。マンション内での認知度も上がり、出品数や来場者数とも過去最高を更新したという。  小5の女の子は初めてチョークアートを出品。「夏休みの宿題で作ったもの。展示されてうれしい」とはにかんだ。ボトルシップを出展した男性は、これまで下手だからと遠慮していたが、家族に勧められて初出品。注目を集めた。  主催した樽井宏嘉さんは「初めて出品した人が9人も。エアブラシやチョークアートなど目新しいジャンルも増えました。大規模マンションは住民同士のつながりが希薄になりがち。展示会をきっかけに交流が深まれば」と。