農芸高生が1日カフェ 槇塚台で16日

シェアする

スイーツや焼き立てパン

府立農芸高校の食品加工科製菓専攻の高校生が運営する1日カフェ、「Café Vert(カフェ・ヴェール)」が16日12時〜4時(売り切れ次第終了)、「槇塚台レストラン」(槇塚台近隣センター)にオープンする。

同カフェは8年前から泉北で年1〜2回開店。メニュー選定から運営、スイーツやパン製作などすべてを高校生だけで賄う若さあふれるカフェは毎回オープン前から行列ができる人気ぶりだ。歴代のカフェメンバーには、現在プロのパティシエとして活躍している卒業生も多数。  カフェでは、自慢のスイーツや、手作りパンを提供。1・2年生は週末も登校し特訓。試作と改良を繰り返し、3つのスイーツメニューが完成した。

メニューは、焼き立てパン各種、具だくさんのミネストローネ/カフェヴェール風、飲み物。スイーツメニューは、クレームブリュレを栗のクリームとヘーゼルナッツでアレンジした「マロン・ノワゼット」、カシスのムースの中にフロマージュ生地を閉じ込め、ショコラのミニタルトに乗せた「ルージュ・ルフレ」、人気の本格派「ガトー・オ・ショコラ」。毎回好評のパンは、当日朝5時に集合して製造。

第7期店長の長谷川栞凪さん(2年生)は「歴代の先輩方を超えられるよう、たくさん練習をし完成させたスイーツやパン。おいしいのでぜひ食べに来て下さい」と。

問い合わせは農芸高校食品加工科の畑野先生072・361・0581