[110番]警官名乗る男ら、銀行カード偽物とすり替える

シェアする

11月16日、竹城台の高齢女性宅に「南警察の○○」と名乗る男から電話があり、「通帳をだまし取る詐欺グループの犯人が捕まり、その中に銀行員もいた。犯人の名簿に、○○さん(女性の夫の名前)もあったので被害に遭っていないか確認の電話をした」と言った。

その後電話口は女に代わり、保護申請をすれば、被害金も戻ってくると言われた。さらに「通帳はどこの銀行ですか?調べるので電話を切らずにいてください。今から封筒を持っていくので待っていてください」と言われ、すぐにサラリーマン風の男がやって来た。「この封筒に、銀行のキャッシュカード3枚と暗証番号を書いた紙を入れて明日まで保管してください。封をしたら印鑑を押してください」と言われ、室内に印鑑を取りに行き押印すると「明日、警察が取りに来るのでこのまま保管しておいてください」と言われた。

後に、帰宅した夫に話し、封筒を開けてみると、別のカードとすり替えられていた。すぐに警察と銀行に連絡。カードは止めたが、既に合計90万円が引き出されていた。

この日の前後、南区では類似の詐欺電話が多発した。