近大移転で公園つぶす計画「撤回せよ」と住民

シェアする

公園つぶしに住民猛反発運動場など別の場所に移せば「売却の必要なし」

近畿大学医学部の泉ヶ丘地区への移転について、堺市は11月17日、地元の三原台校区の住民を対象に住民説明を開いた。堺市や近大は住民の要望を受けて施設の配置などを見直し、緑の保全に取り組む考えを示したが、住民らは泉ヶ丘プールをはじめ田園公園の敷地を売却しなければならない理由を説明していないと反発。計画への理解を求める市や近大に対し、住民らは計画の白紙撤回を訴えるなど、最後まで議論はかみ合わなかった。

緑の保全で配置を見直す 堺市近大

説明会は午後7時から三原台小学校体育館で行われ、住民約470人が参加。市や近大の説明によると、建物の高さをできるだけ低くしてほしいとの要望を受け、今年5月に住民に示した計画を見直し。学部棟の一部を1階程度低くするほか、更に一部の建物についても低くすることを検討するという。

また、市は地区内の公園の再整備を進めるほか、緑道の拡幅や街灯のLED化を行い、安心して緑道を通れるようにするなどとした。

これに対し、住民からは「そもそも、公園の売却について事前に住民に説明がないのはおかしい」「市は住民ではなく、近大を第一に考えて計画を進めているのではないか」などの批判の声が続出。市は「大学病院の開設は、泉ヶ丘地区の街づくりに大きな効果がある」などと理解を求めた。

しかし、住民らは納得せず、「体育館やグラウンドといった大学施設を別の場所に設ければ、公園敷地がなくても大学と病院は建設できる」「大学と病院は必ずしも同じ敷地である必要はない」などと指摘。さらに「府と市、近大の3者協定で公園の売却を約束しているが、公園の廃止には都市計画審議会の了承が必要で、手続きを踏むことなく公園の売却を約束した協定は無効だ」との声が上がり、「移転計画は白紙撤回してほしい」の意見には会場から拍手が起きた。

結局、説明会は住民側と、市・近大側の意見がかみ合わないまま終わり、最後に西野彰記市長公室理事(ニュータウン地域再生推進担当)が「住民の意見を踏まえて今後も案の修正を図っていきたい」と言うのがやっとだった。

コメント

  1. 匿名A より:

    近代病院の移転の理由が今一判らない。現在の所在地が駅までの交通に不便だから? または手狭になったから? 
    交通手段に知恵と金を注ぐか、また高層化で有効面積を増やすかなど、再考の余地は無いのだろうか? 
    泉北ニュータウンは住宅地です・・子供たちの故郷の緑地はできるだけ残して置きたいと思います。

  2. 健康呆師 より:

    グーグル(Google)の航空写真で近大病院の現在地(大阪狭山市大野台)と三原台の田園公園付近を見比べると
    (1)現在地の周辺の方が広い緑地公園が広がる・・田園公園より広いようです。
    (2)現在地周辺(看護学校裏手や病院東側)に広大な駐車スペースが複数ある。
    現在の近大病院の南側に隣接の広大な公園緑地は航空写真で見ると三原台の田園公園より広いようですが、田園公園にこだわるのは何か特別な理由でもあるのでしょうか。
    田園公園は泉ヶ丘駅に隣接した、住民にとって貴重な緑地公園です。現在所在地の周辺を開発・活用することも含めて広くご検討を頂きたいものです。