関西リーグ1部に昇格/和泉テクノステージの女子サッカー

シェアする

世界一めざし サポーター求む

「和泉市から世界一を」を掲げ、和泉市で初の女性社会人サッカーチーム「和泉テクノFC」が昨年6月、誕生。関西リーグ3部からスタートしたチームは、9月1日、関西女子サッカーリーグ2部で優勝。これまで全勝で、1部昇格を決める快進撃を見せている。

キャプテンの平尾恵理さんは、茨城県出身。兄の影響で6歳からサッカーを始め、ゴールキーパーとしてU―17FIFAワールドカップやユニバーシアード日本代表という輝かしい経歴を持つ。朝8時15分から5時までは、テクノステージ内の工場で珍味を作る仕事に従事。「会社やチームの皆が温かくてありがたいです。強いチームを作っていきたい」と話し、「平尾がメンバーの精神面をフォローしてくれ、信頼しています」と、川末監督。副キャプテンの杉浦明美さんは、福泉中学卒業後、大商学園から姫路獨協大学に進学した唯一の大阪出身者だ。

協議会会長の加納川快明さんは「選手たちは、よく働いてくれるので企業でも評判です」と。同チームでは、サポーターズクラブも結成。選手たちの遠征費用などを応援する。1口・法人1万円、個人3千円。個人サポーターにはTシャツをプレゼント。

問い合わせ0725・53・1380