ニュータウン鉄道

シェアする

泉北高速鉄道が南海電鉄と接続されて正解ではなかったでしょうか。もし、地下鉄御堂筋線が延伸されていたら、光明池から時速70キロ以下のノロノロ運転で大阪市内まで行くことになります。おそらく1時間近く要していたのではないでしょうか。現在の泉北高速線は各駅間で全て100㌔運転をしています。大阪市の地下鉄を郊外に延伸するにはスペックに問題があるように思います。

コメント

  1. taku より:

    御堂筋線が延伸(または御堂筋線と相互乗り入れ)されたとしても、現在の高速運転は可能です。
    御堂筋線が100㌔運転できないのは、駅間が短いためです。
    逆に、泉北高速鉄道が100㌔運転ができるのは、「駅間が長い」「直線距離が長い(線形が良い)」の2点が理由ですので、御堂筋線が延伸されていたとしてもこの条件に変わりはありません。
    ただ、御堂筋線が和泉中央まで延伸されたとしたら所要時間ではなく、輸送量で供給不足になるのは明らかですので、現在の南海電鉄との相互乗り入れになったのは正解ですね。

  2. 匿名 より:

    そもそも、地下鉄(大阪メトロ)と南海および泉北高速鉄道は線路の幅が違いますので相互乗り入れは不可能ですよ。