堺市が8600万円のおもてなしトイレ

シェアする

仁徳陵そばの大仙公園内に町家風トイレが新設された。なんと8,600万円もかけて。名付けて「おもてなしトイレ」だと、堺市は自慢しているので、19日に深井駅からニサンザイ古墳→御廟山古墳→いたすけ古墳→履中陵を巡回した。だが、どこにもトイレがない。

なんで大仙公園にだけ新設するのかな。ここには既に博物館や緑化センターの施設内を含めると、10か所ほどトイレがあるのに。8,600万円というから京都上賀茂神社のトイレよりも立派なのかと思っていたら、口利き議員の業者が手掛けたような安普請でした。がっかり。各古墳にトイレを設けるのが、本当の「おもてなし」だと私は思う。