槇塚台のポプラ橋撤去について

シェアする

  最近、晴美台と槇塚台の間のポプラ橋の取り壊しのことが書かれています。地域住民が分かっていない、もっとひどい書かれ方もありました。あの橋はもともと槇塚側には階段でしか行けず、車椅子の人は信号を渡って交番横のスロープから行っています。夜には若者がたむろしていることもありました。

  地域住民が理解して、取り壊しになったのに、なぜあのような書かれ方をされるのか、住民、読者をばかにした書き方をするのか理解に苦しみます。

コメント

  1. さらがい より:

    ポプラ橋写真
     槇塚台側には当初、自治会館の屋上がスロープ状になっており、ここを通って(階段を使わないで)行けるようになっていました。自治会館を建て替える時に、屋上のスロープをなくしたのです。バス通りをまたぐ陸橋は、必ず車イスの配慮をしています。写真手前の左右にある陸橋中央部分に屋上スロープの形跡が残っています。
     なお近商ストアにはエレべーターがあって、1階へ降りれるようになっていましたが、近商が閉鎖しました。詳しいことは3月22日号に載せています。

    さらがい

    ポプラ橋地図

  2. 匿名 より:

     それでしたらとっくにぽぷら橋がバリアフリーではなくなっている訳で、さらがい氏が主張する「橋を撤去することでバリアフリーではなくなり町が三流化する」という理屈は成り立たないのではないですか?
     エレベーターを撤去したのは近商の問題であり住民がバカにされるいわれはありません。晴美台の住民も槇塚台の住民も御紙の読者ですよ?元々ごく一部の人しか利用しない橋を「理念」のために堺市民の莫大な税金を投入してつけかえよというのですか?そうすれば竹山市政は税金の無駄遣いだと批判なさるんでしょうね。

  3. 匿名 より:

     ちなみに晴美台もそうだと思いますが、槇塚台の自治会では橋の撤去を承認しています。御紙には「一部の無知な住民のせいで」とありましたが、一部ではなく地域住民の総意です。上の「住民」氏も書かれてるように、橋の上では毎夜若者がたむろしてゴミを散らかしたり夜中に騒いだりして怖い思いもしています。現場で生活しているのは我々であり、我々は自分達の生活を守るために撤去を承認した。
     本当に必要なスロープは今でもあり、あの橋がなくても車いすの人は困りません。勘違いも甚だしい。

  4. なo より:

    ジョギングのときによく使っていましたが、今は横断歩道を通らないといけなくて、赤信号でペースが乱れるので通れなくなりました。
    コースのバリエーションが減ってとても残念です。

  5. 澤野雅彦 より:

     私は、槇塚台のAテラスハウスに住んでいますが「ポプラ橋」は散歩から帰って来る時に通行していました。不要とも何とも思いませんでした。道路上の信号待ちの必要がありませんので、自然に歩いていました。!!!