泉北ライナー試乗会1月16日

シェアする

bbs170117_02

泉北高速鉄道が27日から導入する新型特急車両「泉北12000系」。16日に試乗会が行われ、そのきらびやかな車両と内装の全貌が明らかとなった。
 難波駅に到着した新型車両は車両全体が金色ピカで、ホームにいる利用客が騒然とするほど。どこかの観光列車といった雰囲気だ。また、4両編成の各車両ごとに異なるシートの色が使われ、車内の照明はすべてにLEDを使用し環境にも配慮している。ひときわ目を引いたのはトイレ、デッキの壁の色まで金色だということ。
その他の設備に空気清浄機やテーブル、コンセントなどもあり、新幹線にでも乗った気分で30分の乗車ではもったいなーい気分だった。