晴美台と槇塚台の間の道路・街路樹がなくなった!

シェアする

槇塚台1丁交差点から陶器山までの間の、晴美台と槇塚台の間の道路の街路樹が全て抜き去られました。

これは、街路樹の老齢化と、木が茂りすぎて歩道を暗く、狭くしていること等から、新しい樹木への植え替え作業をしているためです。
以前は「マテバシイ」の木を植えており、シイの実が大量に歩道や車道に落ちたりしていましたが、新しく植栽されるのは「ホルトの木」。
今度は街路樹の間の間隔を充分にとって、歩行者の邪魔にならないように配慮するとのこと。
植栽工事は2月中には終了する予定だそうです。

新しい街路樹がどんな街の景観を作り出してくれるのか、楽しみですね。