重要文化財「山本家住宅」

シェアする

河内長野市小深の重要文化財「山本家住宅」。和歌山藩主が鷹狩りに訪れた折りには、本陣になったとも伝わる風格のある古民家だ。江戸時代初期の建築とされ、市内で最古の民家建築だという。全国的にも古い時代のもので、大和・河内に共通する当時の様式を今に伝えてくれる。
庄屋であった山本家が所有する建物・庭園は、個人蔵のため一般公開されていないが、偶然保守作業の日に中を見学できた。関係者によると「湿気やすいのでこまめに風を通している」とのこと。縁側に腰かけると、かやぶき屋根と美しい前庭ごしに奥河内の山々が迫る。時を超えて、獲物に襲いかかる若鷹の鳴き声が聞こえてくるような、静謐な空気が漂う場所だった。